• 2020/07/09

1,200TEUコンテナ船の最終航海における短期ファイナンスを実行しました

Ocean Exim Trading は、ドバイに拠点に置く大手キャッシュバイヤーが購入した1,200TEUコンテナ船にファイナンスを実行しました。本船が船籍登録されているパラオで抵当権を設定し、スクラップヤードがあるインドまで最後の1航海に限定したファイナンスです。鉄スクラップ貿易にかかるトレードファイナンスという位置付けで見ておりますが、普通の鉄スクラップとちがい商品に抵当権を設定できる保全性に魅力を感じているビジネスです。

本船は27年前に日本の造船所で建造されました。その間一度も中古の船舶として売却されることなく、新造船を発注した最初の船主が生涯保有した幸せなコンテナ船です。きっと故障も少ない働き者だったのでしょう。長い航海、お疲れ様でした。